コンセプトモデル『ままデジ』

Client : KDDI CORPORATION

Agency : Hakuhodo Inc.

Date : 2016.06.15

スマホの次”を発明する研究所『au未来研究所』のコンセプトモデル第二弾『ままデジ』を開発いたしました。
子どもはちょっと背伸びをして「おとな」のまねをしたいもの。
包丁で野菜を切る、フライパンで炒める、計量カップで水を入れる・・・ ママがお料理をしている姿を見ては「いつかは自分も・・・」と思っています。 そんな子どもの純粋な気持ちを叶えてくれるのが 次世代型おままごとキット「ままデジ」です。
プロダクトのコンセプトは 「“おままごと”を“リアルな料理”に近づける」。 野菜に見間違える本物そっくりな見た目の食材、 子ども達がなかなか触らせてもらえない“大人仕様”の調理器具。 包丁を切る時の「ザクザク」という音、フライパンで炒める時の「ジュージュー」という音。 子どものアクションをセンサが検知し、 そのアクションに応じて料理をしている時の“音”が聞こえる。 更には、料理が完成すると本物そっくりの“匂い”も。 鍋のフタをあけると、カレーの匂いがした湯気がふわっと出てくる。 本当にカレーを作ったかの様な気持ちになる。 見た目、触り心地、音、匂い・・・ 人間が持つ感覚器(視覚/触覚/聴覚/嗅覚)を刺激し、 本物の料理をつくったかの様に“味覚”さえも想起させられる、 いままでにないおままごと体験。 タブレットとセンサ入りおもちゃでリアルな料理体験が出来る次世代型おままごとキットです。

Back to WORKS