Rabbit’s Tale交換留学研修レポートvol.1

Date : 2018.10.17

弊社プランナーの原口がTYOグループの交換留学制度でタイに研修に行ってきました。
これから複数回にわたって、原口からの現地レポートを更新していきますので、どうぞお楽しみに!

はじめまして。プランナーの原口です。
TYOにはタイのグループ会社との交換留学制度があります。
毎年数人がタイのRabbit’s Tale(http://www.rabbitstale.com/ )
というデジタルのクリエイティブエージェンシーへ行くことができます。
今回はその交換プロジェクトに参加したので、その様子をレポートします。

Rabbit’s Taleグループは、デジタル世代のフルサービス・エージェンシーで
オンライン、テレビ、OOH、イベント、タッチポイントづくりなど一括で担当しています。
代理店、PR会社、WEB制作会社、自社メディアを取り扱う部門に分かれています。

今回わたしは代理店のクリエイティブ部門にプランナーとしてお邪魔しています。
平均年齢26歳で、とても若く、社員自身がマイクロインフルエンサーだったり
デジタル世代の強みを存分にいかした活気ある環境です。
タイ語が話せないわたしもすぐに受け入れてもらいました。

こちらにいた感想としてタイはSNSがすごく盛んで、
CMを作るときも必ずWEBムービーとしてバイラルすることを意識して作られています。
しかしコピーをとても大切にしていて、伝えたいことをコピーにおとし、(大抵英語です。。!)
そこからバイラルを意識した企画づくりを行うので、WEBの世界とCMの世界の間をとる企画のつくりかただなと思いました。

今後は、デジタルのプランナーとして、 デジタルエージェンシーとしてどんなことをしているのか?
海外でどんな風にプラン二ングをすべきか?、タイの広告事情はどんなものなのか?
いろいろ発見したことを次回以降にてレポートします!

写真は研修先のRabbit’s Taleのオフィスの様子です。